書類選考で落ちた原因について

スポンサードリンク

履歴書に問題はないでしょうか?

書類選考で何社も落ちてしまう

という方は履歴書や職務経歴書の書き方に問題がある可能性があります。
一度履歴書と職務経歴書を見直してみましょう。

 

履歴書で問題があるとしたら書き方のマナーが考えられます。

  • 学歴・職歴は項目別に記載する
  • 学歴は一般的に中学校卒業から記載する
  • 学校名は正式名称で書いていますか?

上記に挙げた中で問題はないか確認してみましょう。

職務経歴書に問題がある場合

書類選考で落ちるとしたら職務経歴書に一番問題ある場合が多いです。

  • 仕事内容をただ長い文章でまとまりなく記述しているだけ
  • 職務経歴書のフォーマットが見づらい
  • 履歴書と職務経歴書で勤務期間に相違がある

勤務期間が違っているというのは論外ですが
仕事内容をただ記述しただけという職務経歴書は結構あります。

 

職務経歴書は定型のフォーマットが無いため
エクセルやワードのテンプレートで読みやすそうなものを
いくつか探してみることをおすすめします。
私も最初は職務経歴書にただ仕事内容をだらだらと書いただけでした。
書類選考で落ち続けて人材紹介会社のキャリアアドバイザー担当者に
アドバイスしてもらいブラッシュアップしてから
書類選考通過率が倍以上に上がりました。

  • 最初のページに自分の得意なスキルをまとめておく
  • 仕事の概要を端的に説明する
  • 仕事の内容を箇条書き等で分かりやすく記述する
  • 出した成果を具体的に書く(私が担当してから売上げ前年比150%になった等)
  • 仕事の成果によって会社に貢献したことは何かを出来れば数値で明記する
  • 転職(退職)理由は筋が通る様に記載する

上記のような職務経歴書を作成してみてください。
職務経歴書をアップデートしたら
登録している人材紹介会社や転職総合サイトの情報も更新しましょう。

添削してもらいましょう

職務経歴書の書き方にはフォーマットがありません。
あなたが見やすいと思っても相手からしたら見難い可能性があります。

 

転職を支援しているプロのアドバイスをもらいましょう。
人材紹介会社や就職情報サイトに登録していれば
キャリアアドバイザーが職務経歴書の書き方についてアドバイスしてくれます。
そのアドバイスをもとにあなたの職務経歴書を見直してブラッシュアップしていきましょう。

スポンサードリンク


書類選考で落ちた原因について関連ページ

未経験から働く
IT業界というのは、技術や経験を重視される傾向があるため未経験だと他の職種に比べ敷居が高いのは否定できません。しかし、その扉を突破してIT業界へ入れたとしたらその後は自分次第でいくらでも活躍できる場とも言えるかもしれません。未経験からIT業界で働くためにはどうすればいいのかというのを説明していきます。
転職して働く
他の業界でプログラマーをしていたけど、WEB業界で働きたいという方は結構いると思います。この場合ですと新卒や未経験からよりは、若干WEB業界には入りやすいかと思います。しかし、WEBに関する知識やWEBプログラミングに関する習得度は逆に新卒や未経験よりやや高めを要求されます。それは即戦力として働いてもらえるかどうかという基準で見られるからです。
転職活動支援
仕事をしている方が転職活動をするとなると一番ネックとなるのが転職活動に充てる時間です。仕事をしつつ転職活動する上でとても心強いのが転職支援をしてくれる人材紹介会社です。自慢にもなりませんが私自身転職回数が多かったため、転職活動についてのノウハウが異常にたまってしまったため・・(笑)皆様のためにノウハウを公開します。
マネージャールート
WEBプログラマーとして働くことができたらその後のキャリアをどうするか考えましょう。大きく分けて2つのルートがあります。一つはプログラマーから設計や人の管理の経験を積んで開発プロジェクトのマネージャーとなるルート、もう一つはプログラミングのスペシャリストとしてより高度なシステムのメインプログラマーとして活躍するスペシャリストのルートの2つがあります。本ページでは前者のマネージャールートについて説明します。
スペシャリストルート
プログラミングが楽しい、もっと複雑なプログラミングに挑戦したいという方はスペシャリスト志向に向いていると思います。学生のころから休みはずっとプログラミングしていたとか、とにかくプログラムが3度の飯より好きという方は、こちらのキャリアプランを目指した方がいいでしょう。
就職や転職活動で準備すること
就職・転職活動を始める前に必要となる書類等を用意しましょう。IT業界ですので手書きの履歴書・職務経歴書は基本不要です。エクセルやワードで作成して問題ありません。就職や転職活動は数十社と応募することになりますから手書きじゃ時間的に間に合いません。応募する会社に対して共通で問題ない情報と変えないといけない情報はきちんと管理するようにしましょう。
一次面接で大切なポイント
一次面接で大切なポイントを説明したいと思います。一次面接では現場担当とマネージャーレベルの方が面接官となる場合が多いです。大抵は志望動機とコミュニケーション能力を見られますがプログラムの筆記試験やSPI・IQテストが行われることもあります。SPIやIQテストで落ちてしまった場合は仕方ありませんが面接官とのコミュニケーションが原因で落ちてしまった場合は問題点を分析して改善し次の面接に活かしていきましょう。
二次や最終面接で注意すること
二次や最終面接では意外なところに落とし穴があったりしますので注意が必要です。私の転職活動の経験から言えるのは二次や最終面接でも一次面接の時と同じように準備万端で望む必要があるということです。最終面接だから緊張してしまうと失敗しそうだからできるだけリラックスしていこうとすると予期せぬ展開にあって対応できない場合があります。最後まで一次面接時の気持ちで望みましょう。

トップ 仕事の種類 PGに必要な能力 気になる給料は? キャリア形成について