目指すはプロジェクトマネージャー

スポンサードリンク

プロジェクトマネージャーを目標とする

WEBプログラマーというのは
開発人員の中で一番コストが高くなりやすい部分
ということは別のページでお話しました。

 

つまりは、WEBプログラマーのままではあなたの年収はある程度のところで頭打ちになる
ということを意味しています。

 

ではどうすればいいのか?

あなたの価値を高めて費用対効果の高いポジションに出世する

これしかありません。

 

これは2つの道があります。

  • 開発プロジェクトの頂点となるマネージャー(管理職)になる
  • プログラミングを極めてプログラミングのスペシャリストになる

ここではプロジェクトのマネージャーとなることについてご説明します。

 

プロジェクトマネージャーになるには?

プログラマー・システムエンジニアは技術的スキル重視の職種ですが
マネージャーは人間的スキル重視の職種になります。

 

必要なスキルが異なりますのでWEBプログラマー時代から
自分はマネージャーに向いているかどうかを客観的に分析しながら仕事をしていきましょう。

 

技術的スキルを磨いていきながら人間的スキルを身につけていかないといけないので
大変ですがメリットは大きいです。

 

人・モノ・金・時間の管理が主な仕事になるので
将来独立を考えている人にとっては

組織を運営するという経営視点を養うことができます。

プロジェクトマネージャーに必要な資質とは?

  • 部下から信頼される人徳と責任感
  • 自責の部分と他責の部分を客観的に見て明確に切り分けられる
  • 問題解決能力
  • 部下からの意見を聞いてそれが正しければ受け入れられる柔軟性
  • 人を動かすことができるリーダーシップ
  • 時間・金の管理に対するバランス感覚
  • トラブルになっても対処できる冷静さ
  • 謙虚であること

大きな部分を挙げてみましたがどうでしょうか。

 

こう見ると人間的な部分と考える力が大切であるということが
分かっていただけたでしょうか。

 

WEBプログラマーからプロジェクトマネージャーを目指す方は
ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

スポンサードリンク


目指すはプロジェクトマネージャー関連ページ

未経験から働く
IT業界というのは、技術や経験を重視される傾向があるため未経験だと他の職種に比べ敷居が高いのは否定できません。しかし、その扉を突破してIT業界へ入れたとしたらその後は自分次第でいくらでも活躍できる場とも言えるかもしれません。未経験からIT業界で働くためにはどうすればいいのかというのを説明していきます。
転職して働く
他の業界でプログラマーをしていたけど、WEB業界で働きたいという方は結構いると思います。この場合ですと新卒や未経験からよりは、若干WEB業界には入りやすいかと思います。しかし、WEBに関する知識やWEBプログラミングに関する習得度は逆に新卒や未経験よりやや高めを要求されます。それは即戦力として働いてもらえるかどうかという基準で見られるからです。
転職活動支援
仕事をしている方が転職活動をするとなると一番ネックとなるのが転職活動に充てる時間です。仕事をしつつ転職活動する上でとても心強いのが転職支援をしてくれる人材紹介会社です。自慢にもなりませんが私自身転職回数が多かったため、転職活動についてのノウハウが異常にたまってしまったため・・(笑)皆様のためにノウハウを公開します。
スペシャリストルート
プログラミングが楽しい、もっと複雑なプログラミングに挑戦したいという方はスペシャリスト志向に向いていると思います。学生のころから休みはずっとプログラミングしていたとか、とにかくプログラムが3度の飯より好きという方は、こちらのキャリアプランを目指した方がいいでしょう。
就職や転職活動で準備すること
就職・転職活動を始める前に必要となる書類等を用意しましょう。IT業界ですので手書きの履歴書・職務経歴書は基本不要です。エクセルやワードで作成して問題ありません。就職や転職活動は数十社と応募することになりますから手書きじゃ時間的に間に合いません。応募する会社に対して共通で問題ない情報と変えないといけない情報はきちんと管理するようにしましょう。
書類選考で落ちた原因
就職や転職情報サイトに登録して良い求人案件に応募しても書類選考で落ちてしまう。年齢的な問題を除くと未経験可の案件で書類選考で落ちてしまったというのはあなたが作成した履歴書や職務経歴書に問題がある可能性が高いです。しっかり作りこんだ書類なら経験上7割以上は通過します。書類選考落ちが多い場合はもう1度履歴書・職務経歴書を見直して原因を見つけて修正しましょう。
一次面接で大切なポイント
一次面接で大切なポイントを説明したいと思います。一次面接では現場担当とマネージャーレベルの方が面接官となる場合が多いです。大抵は志望動機とコミュニケーション能力を見られますがプログラムの筆記試験やSPI・IQテストが行われることもあります。SPIやIQテストで落ちてしまった場合は仕方ありませんが面接官とのコミュニケーションが原因で落ちてしまった場合は問題点を分析して改善し次の面接に活かしていきましょう。
二次や最終面接で注意すること
二次や最終面接では意外なところに落とし穴があったりしますので注意が必要です。私の転職活動の経験から言えるのは二次や最終面接でも一次面接の時と同じように準備万端で望む必要があるということです。最終面接だから緊張してしまうと失敗しそうだからできるだけリラックスしていこうとすると予期せぬ展開にあって対応できない場合があります。最後まで一次面接時の気持ちで望みましょう。

トップ 仕事の種類 PGに必要な能力 気になる給料は? キャリア形成について