プロジェクトリーダーという仕事

スポンサードリンク

プロジェクトリーダーの仕事内容とは?

基本はSEと同じ仕事の範囲を担当する
プロジェクトマネージャーの仕事を補佐してマネジメントについて勉強する
というポジションです。

 

システムエンジニアとプロジェクトマネージャーでは
必要となる能力・スキルがガラリと変わるので
リーダーを置いてプロジェクトマネージャーとしての資質や能力を育成する
という位置づけが多いです。

 

また、大手ITコンサルティングファームみたいな大企業では
新卒採用時点でプロジェクトマネージャー候補として採用しています。
研修期間中はプログラミングの基礎と設計の勉強をする
1・2年目はプロジェクトリーダーとしてWEBシステムの設計をしつつ先輩から予算管理やスケジュール管理、PG・SEの管理のOJTを受ける
3年目からは小規模なプロジェクトのマネージャーとして実務をして経験を積んでいく
といった体制がとられています。

 

この体制はかなり古い情報ですので今も同じかは分かりませんが
大手ITコンサルティングファームはオフショア開発がメインですので
今でもこの体制は残っているのではないかなと思います。

プロジェクトリーダーに求められるスキル

プロジェクトマネージャーになるためには
SEとしての経験
予算管理
スケジュール管理
クライアントとの折衝能力
プロジェクトの成否にかかる責任感
メンバーのマネジメント能力
メンバーに気持ちよく仕事をしてもらうためのリーダーシップ
といった技術的な面よりも人間的な能力を高める必要があります。

 

システムエンジニアからプロジェクトマネージャーになるためには
必要な能力がガラッと変わってハードルがかなり高いですが
頂上までもう一歩ですので諦めず一歩づつ前進していきましょう。

スポンサードリンク


プロジェクトリーダーという仕事関連ページ

WEBデザイン系職種
WEBデザインは現在では、ユーザビィリティやアクセシビリティの観点から見易さ・使いやすさが重視されて大枠となるデザインの枠組みは固まっていて、その枠組みの中でデザイナーはより見やすく・より使いやすくを意識してデザインしてゆくというのが主流になっています。
WEBシステム系職種
最近のWEBは静的なページだけで制作されるWEBは珍しく、大半が裏でプログラムが組み込まれていて動的にページを生成・表示するWEBシステムが主流です。そのためWEB制作に関わるプログラマーやシステムエンジニアといった技術系職種もここ数年で多様化し、各分野でのスペシャリスト化が進んでいるのが現状です。
プログラマーの仕事
WEBプログラマーは文字通りWEBシステムを構築する上でプログラミングをメインで担当する職種で、WEBデザイン系でいうHTMLコーダー的な役割です。ただ、プログラマーは仕事内容の性質上1案件1人員で一番制作コストがかかる部分なので、大企業などはプログラミングの部分は海外の低賃金の労働力を使ってアウトソースしているのが現状です(オフショア開発)。
システムエンジニアの仕事
プログラミングだけでなくサーバー周りの知識やデータベース等の知識も有り、WEBシステムを構築する上でこれら知識を活用してシステムの設計ができる人のことを主にシステムエンジニアと呼んでいます。システムの設計が出来るようになるためにはある程度プログラムの知識があって、各種プログラミング言語によってできる事とできない事を把握していることが重要となります。
プロジェクトマネージャーの仕事
プロジェクトマネージャーはWEBシステムを開発する上で成功するか否かを決定づける重要なポジションです。開発の予算管理やクライアントとの折衝、システムの設計・スケジュールの管理、プロジェクトメンバーのケアやフォロー等仕事の範囲は広く、普通の企業の管理職クラスの役割と言えます。勘違いしてもらっては困るのが、ただ管理すればいいだけは間違いです。人・モノ・金・時間を管理しますので、人間的にメンバーから信頼や敬意を持たれる人間性が必要であり時に開発プロジェクトの全責任を自分が持つ責任感が必要であったりします。

トップ 仕事の種類 PGに必要な能力 気になる給料は? キャリア形成について