システムエンジニアという仕事

スポンサードリンク

システムエンジニアの仕事内容とは?

WEBシステムの設計からサーバーやネットワークの設計
データベースの設計や仕様書の作成
PGと共にプログラミングもする
といった感じで一番守備範囲の広い仕事をします。

 

小・中規模のWEBシステム開発だと
LAMP環境に精通したエンジニアというのは今でも重宝されます。
さらに、ネットワークの設計もある程度できるとさらに価値があがります。

 

大規模なWEBシステム開発になると
システムエンジニアの中でも得意分野で細分化されて

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア

といった感じで得意分野に特化した形で役割を振られることが多いです。

システムエンジニアに求められるスキル

プログラム言語の特性を理解している
WEB以外の周辺環境、サーバー・データベース・ネットワークに関する知識もある
上記の知識を活かしてWEBシステムの設計図を作れる
設計図を作る部分以外は独学が可能です。

 

LINUX/Apache/MySQL/PHP/Perl
それぞれのキーワードを検索してみると、セットアップの方法を探すことができます。

 

あとは中古のPCまたはメインPCのハードディスクの空いている方に
セットアップすることで自分で調べて実際に操作しながら勉強することができます。

 

問題は設計図になります。
会社によって設計図のフォーマットが違ったりするので
実際に実務を通してノウハウを学んでいかないといけません。

 

しかし、小・中規模かつ少人数で開発を行う案件では
この設計の工程を省略するアジャイル方式という
開発手法を取り入れているところが増えています。

 

アジャイル開発

簡単に言うと
要件・システム設計を理解している人が口頭でSEやPGに説明して
内容を理解したSEやPGは、そのままサーバーの設定からデータベースの設定
WEBシステムの開発を行っていくというものです。

 

この認識は間違っています。

本来のアジャイル開発とは開発工程を機能ごとに区切る等、開発周期を短くしただけです。

アジャイルが浸透していない日本では口頭でやり取りすれば、それはアジャイルという認識で通っています。

 

私も実際にこの「アジャイル」開発に関わったことがありますが
とても苦い経験でした。
仕様や要件は社長(システムの設計者)と古参のSEとのやり取りだけ
他PGやSE(私含む)には詳しい仕様や要件は共有されない
よってプログラムコードから似たような仕様のプログラムを書くしかない
結果としてどうなったかというと・・・・
ASPとして同じ動作をするシステムを複数のクライアントに提供するはずのものが
それぞれ微妙に動作が違うシステムが出来上がりました。

 

まぁ当然ですよね。
口頭で説明された内容やプログラムコードから
担当それぞれの理解で作ったんですから。

 

しかも逆に開発効率が悪かったと思います。
月の1/3は徹夜してましたし。
プロジェクトが一時的に落ち着いたところで
私はスパッと手を退かせていただきました。

 

正しいアジャイル手法であれば
小・中規模で少人数の開発なら、たぶん開発効率は上がるのでしょうが
私は正しいアジャイル開発を経験していないので何とも言えません。

 

と言ってきましたが
システムエンジニアというのは
設計からプログラミングまで仕事の幅が広いので
とてもやりがいのあるポジションであると断言できます。

 

まずは早くPGからSEへステップアップできるように
勉強しつつ仕事をしていきましょう!!

スポンサードリンク


システムエンジニアという仕事関連ページ

WEBデザイン系職種
WEBデザインは現在では、ユーザビィリティやアクセシビリティの観点から見易さ・使いやすさが重視されて大枠となるデザインの枠組みは固まっていて、その枠組みの中でデザイナーはより見やすく・より使いやすくを意識してデザインしてゆくというのが主流になっています。
WEBシステム系職種
最近のWEBは静的なページだけで制作されるWEBは珍しく、大半が裏でプログラムが組み込まれていて動的にページを生成・表示するWEBシステムが主流です。そのためWEB制作に関わるプログラマーやシステムエンジニアといった技術系職種もここ数年で多様化し、各分野でのスペシャリスト化が進んでいるのが現状です。
プログラマーの仕事
WEBプログラマーは文字通りWEBシステムを構築する上でプログラミングをメインで担当する職種で、WEBデザイン系でいうHTMLコーダー的な役割です。ただ、プログラマーは仕事内容の性質上1案件1人員で一番制作コストがかかる部分なので、大企業などはプログラミングの部分は海外の低賃金の労働力を使ってアウトソースしているのが現状です(オフショア開発)。
プロジェクトリーダーの仕事
プロジェクトリーダーというのは職種というより立場という方が適切かと思います。10人以上規模で開発をするときにプログラマーやシステムエンジニアをまとめるリーダー的な位置としてプロジェクトリーダーを置く場合があります。又は、将来プロジェクトマネージャ候補としてリーダーを置いてマネジメントの勉強・経験をさせるために置くことが多いです。
プロジェクトマネージャーの仕事
プロジェクトマネージャーはWEBシステムを開発する上で成功するか否かを決定づける重要なポジションです。開発の予算管理やクライアントとの折衝、システムの設計・スケジュールの管理、プロジェクトメンバーのケアやフォロー等仕事の範囲は広く、普通の企業の管理職クラスの役割と言えます。勘違いしてもらっては困るのが、ただ管理すればいいだけは間違いです。人・モノ・金・時間を管理しますので、人間的にメンバーから信頼や敬意を持たれる人間性が必要であり時に開発プロジェクトの全責任を自分が持つ責任感が必要であったりします。

トップ 仕事の種類 PGに必要な能力 気になる給料は? キャリア形成について