WEBのシステムに関係する職種

スポンサードリンク

WEBシステム系職種

プログラマー

WEBシステム系職種としては駆け出しになります。
出来上がってきた仕様書・設計書に従ってプログラミングしていきます
メンテナンスのし易さを考慮した綺麗なコーディングが必要です
既存のプログラムを改良する場合もあるのでプログラムの読解力が必要です
仕様書や設計図では見えづらい問題点やバグとなりうる点を指摘できる能力が必要です
デバッグテストも行い、バグが見つかったらすばやく修正する必要がある

 

システムエンジニア

サイトのシステム構築をメインで担当します
サイトの基本設計(概要)・詳細設計(プログラミングを前提とした設計)
データベースの設計・仕様書の作成
WEBサーバーの設計・仕様書の作成
テスト仕様書の作成
プログラマーと一緒にプログラミングも行う

 

プロジェクトリーダー

システムエンジニアの中でリーダーとしてメンバーをまとめる役割です。
基本はシステムエンジニアと同じ業務を行いますが
次期プロジェクトマネージャーの候補でもあるため
プロジェクトマネージャーの業務も一部任せられて経験を積んでいきます。

 

プロジェクトマネージャー

WEBサイト制作におけるシステム寄りなパートを統括します
クライアントからの要望を基にシステムに落とし込む要件定義を行います
システムエンジニアと共に設計書・仕様書を作成する場合もあります
クライアントと折衝したり営業のサポートをする役割もあります
開発スケジュールの管理をします
クライアントの予算・納品スケジュールから開発メンバーの人数調整をします
メンバーに対する技術的・メンタル的なサポートが必要

スポンサードリンク


WEBのシステムに関係する職種関連ページ

WEBデザイン系職種
WEBデザインは現在では、ユーザビィリティやアクセシビリティの観点から見易さ・使いやすさが重視されて大枠となるデザインの枠組みは固まっていて、その枠組みの中でデザイナーはより見やすく・より使いやすくを意識してデザインしてゆくというのが主流になっています。
プログラマーの仕事
WEBプログラマーは文字通りWEBシステムを構築する上でプログラミングをメインで担当する職種で、WEBデザイン系でいうHTMLコーダー的な役割です。ただ、プログラマーは仕事内容の性質上1案件1人員で一番制作コストがかかる部分なので、大企業などはプログラミングの部分は海外の低賃金の労働力を使ってアウトソースしているのが現状です(オフショア開発)。
システムエンジニアの仕事
プログラミングだけでなくサーバー周りの知識やデータベース等の知識も有り、WEBシステムを構築する上でこれら知識を活用してシステムの設計ができる人のことを主にシステムエンジニアと呼んでいます。システムの設計が出来るようになるためにはある程度プログラムの知識があって、各種プログラミング言語によってできる事とできない事を把握していることが重要となります。
プロジェクトリーダーの仕事
プロジェクトリーダーというのは職種というより立場という方が適切かと思います。10人以上規模で開発をするときにプログラマーやシステムエンジニアをまとめるリーダー的な位置としてプロジェクトリーダーを置く場合があります。又は、将来プロジェクトマネージャ候補としてリーダーを置いてマネジメントの勉強・経験をさせるために置くことが多いです。
プロジェクトマネージャーの仕事
プロジェクトマネージャーはWEBシステムを開発する上で成功するか否かを決定づける重要なポジションです。開発の予算管理やクライアントとの折衝、システムの設計・スケジュールの管理、プロジェクトメンバーのケアやフォロー等仕事の範囲は広く、普通の企業の管理職クラスの役割と言えます。勘違いしてもらっては困るのが、ただ管理すればいいだけは間違いです。人・モノ・金・時間を管理しますので、人間的にメンバーから信頼や敬意を持たれる人間性が必要であり時に開発プロジェクトの全責任を自分が持つ責任感が必要であったりします。

トップ 仕事の種類 PGに必要な能力 気になる給料は? キャリア形成について