WEBのデザインに関係する職種|WEBプログラマーになる

スポンサードリンク

WEBのデザイン系職種

WEBプロデューサー

WEBサイト全体の企画やコンセプト・サイト構成を決めます。
WEBサイト制作におけるデザイン寄りなパートを統括します。
クライアントと折衝したり営業のサポートをする役割もあります。
WEBディレクターと呼ばれる場合もあります

 

WEBデザイナー・アートディレクター

サイトのデザインをメインで担当します。
使いやすさと見易さを考慮したデザイン力が必要です。
最初のころはボタンのデザインやバナーのデザイン等サイトの一部だけを担当したりします。
経験を積めばサイト全体のデザインを任せてもらえるようになります。
オーサリングソフトを使ってXHTML(HTML)化まで行う場合もあります。
XHTML(HTML)化までしない場合でも、XHTML(HTML)を組む時に問題がないように画像を切り出す必要があります。デザイナーとはいえXHTML/HTML/CSSの知識が必要です。

 

HTMLコーダー

デザイナーが制作したサイトの全体像(サンプル)を基に
全く同じようにXHTML(HTML)化する作業をしていきます。
OSやブラウザが違ってもサンプル画像と同じ見映えにしないといけません。

 

そのため、コーダーは
XHTML/HTML/CSSの深い知識が必要になります。
各ブラウザの特徴を熟知している
SEOの観点からXHTML/HTMLの組み方はW3Cに沿った組み方が必要です。
場合によってはjavascript部分もコーダーが担当する場合があります。

WEBデザイン系職種に必要なスキル

  • 美大出身レベルのデザイン力
  • ユーザビリティを考慮したインターフェースデザイン力
  • PhotoshopやIllustratorといったプロ用画像作成ソフトの操作
  • WEBオーサリングソフトの操作
  • XHTML/HTML/CSSの知識
  • javascriptの知識
  • SEOに関する知識

上記のスキルが必要となります。

スポンサードリンク


WEBのデザインに関係する職種関連ページ

WEBシステム系職種
最近のWEBは静的なページだけで制作されるWEBは珍しく、大半が裏でプログラムが組み込まれていて動的にページを生成・表示するWEBシステムが主流です。そのためWEB制作に関わるプログラマーやシステムエンジニアといった技術系職種もここ数年で多様化し、各分野でのスペシャリスト化が進んでいるのが現状です。
プログラマーの仕事
WEBプログラマーは文字通りWEBシステムを構築する上でプログラミングをメインで担当する職種で、WEBデザイン系でいうHTMLコーダー的な役割です。ただ、プログラマーは仕事内容の性質上1案件1人員で一番制作コストがかかる部分なので、大企業などはプログラミングの部分は海外の低賃金の労働力を使ってアウトソースしているのが現状です(オフショア開発)。
システムエンジニアの仕事
プログラミングだけでなくサーバー周りの知識やデータベース等の知識も有り、WEBシステムを構築する上でこれら知識を活用してシステムの設計ができる人のことを主にシステムエンジニアと呼んでいます。システムの設計が出来るようになるためにはある程度プログラムの知識があって、各種プログラミング言語によってできる事とできない事を把握していることが重要となります。
プロジェクトリーダーの仕事
プロジェクトリーダーというのは職種というより立場という方が適切かと思います。10人以上規模で開発をするときにプログラマーやシステムエンジニアをまとめるリーダー的な位置としてプロジェクトリーダーを置く場合があります。又は、将来プロジェクトマネージャ候補としてリーダーを置いてマネジメントの勉強・経験をさせるために置くことが多いです。
プロジェクトマネージャーの仕事
プロジェクトマネージャーはWEBシステムを開発する上で成功するか否かを決定づける重要なポジションです。開発の予算管理やクライアントとの折衝、システムの設計・スケジュールの管理、プロジェクトメンバーのケアやフォロー等仕事の範囲は広く、普通の企業の管理職クラスの役割と言えます。勘違いしてもらっては困るのが、ただ管理すればいいだけは間違いです。人・モノ・金・時間を管理しますので、人間的にメンバーから信頼や敬意を持たれる人間性が必要であり時に開発プロジェクトの全責任を自分が持つ責任感が必要であったりします。

トップ 仕事の種類 PGに必要な能力 気になる給料は? キャリア形成について